Blog

ブログ

  1. TOP
  2. ブログ
  3. キッチンのスタイル別メリット・デメリット

検索

キッチンのスタイル別メリット・デメリット

2023.12.07(木)スタッフブログ

 

こんにちは、ワールドハウスリフォームです。

 

キッチンには様々な種類があり、それぞれ特徴やメリットが異なります。今回はそれぞれのメリット・デメリットをご紹介しますので、これからキッチンのリフォームをお考えの方は参考にしてください!

 

まず、キッチンは対面式キッチンかそれ以外(壁付型)かで大きく分かれます。近年は対面式キッチンにしたいというご要望が大変多く、対面式キッチンは以下のように分かれます。

 

 

■ アイランドキッチン

「アイランド」とは「島」のこと。島のように、全く壁面に接していないキッチンを意味します。キッチンの周りをぐるりと歩く回遊式の動線ができ、家族や友人との作業や会話が円滑になります。

 

■ペニンシュラキッチン

「ペニンシュラ」は「半島」を意味します。キッチンの左右どちらかだけが壁面に接しているものを、ペニンシュラキッチンと言います。ダイニングとカウンター越しにやりとりができ、作業動線がスムーズ。アイランドキッチンより広さと予算が抑えられます。

 

■I型キッチン

シンクと作業スペース、コンロが一直線の横並びになったものを「I型キッチン」と言います。キッチンの正面に腰壁をつくるケースと、フラットなタイプがあります。対面式で、キッチンの正面に高さ20cmくらいの腰壁をつくる場合は、作業の手元や小物類を隠したり、水はねを防いだりできます。フラットなタイプは、ダイニング側を収納やカウンターとして使うことができます。どちらも部屋全体を見渡せて、家族とのコミュニケーションもとりやすいです。

 

 

■L型キッチン 

シンクと作業台、コンロ部分がL字で向かい合う形をしたキッチン。I型よりも作業スペースが広く、シンクとコンロの行き来がしやすいのが特徴です。ただし、設置には広いスペースが必要となり、コーナー部分がデッドスペースになりやすいのが難点です。

 

 

■セパレートキッチン 

シンクとコンロ部分が二手に分かれたキッチンです。それぞれの作業スペースが独立して広く取れるので、複数人でキッチンに立ち、作業工程を分担する場合にも便利です。ただし、設置には広いスペースが必要で、シンクとコンロが離れているため、それぞれの側で調理した食材や熱した料理の行き来に手間と注意が必要になります。 

 

 

壁付けキッチンは料理に集中できるなどの利点もありますが、冷蔵庫や収納を横に置いていくので動線が伸びていきがちです。対面式キッチンにすることで、後ろの壁面を収納やカップボードとして広く使えるようになり、収納力も使い勝手も良くなる場合が多いです。

これからキッチンのリフォームをお考えの方は、ぜひワールドハウスリフォームにご相談ください♪



リフォームをご検討されている方は
お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

Tel. 0120-540-050

受付時間 / 9:00~17:00

閉じる

スマホの方は電話番号をタップで発信できます。

ワールドハウスリフォーム

0120-540-050

受付時間 9:00-17:00 定休日 水曜定休 ※保証・修理は365日対応します
来場予約
無料見積
会員登録
電話する